>> English


XcalableMP

XcalableMP(XMP)は分散メモリ環境を対象とした指示文ベースの並列言語です.C言語やFortran言語で記述されたコードに指示文を加えることで,性能の高い並列アプリケーションを簡易に開発することができます.

グローバルビューモデルによる定型的な並列化をサポート
指示文の挿入により,逐次アプリケーションから分散メモリアプリケーションを作成できます.
ローカルビューモデルによる片側通信のサポート
Coarray Fortranの記法を用いることで,片側通信を簡易に記述できます.特にFortran版のXMPはCoarray Fortranの上位互換です.
MPIおよびOpenMPとの連携
XMPからMPIの関数およびMPIアプリケーションをシームレスに呼び出すことができます.さらに,XMP指示文とOpenMP指示文を組合せることでハイブリッドプログラミングも可能です.

ニュースBacklog ≫

2016.12.16

第27回XMP規格部会を2017年1月12日に開催します.

2016.11.07

第4回XMPワークショップを開催しました.

2016.10.05

第4回XMPワークショップを2016年11月7日に秋葉原で開催します.

2016.09.09

第26回XMP規格部会を2016年9月29日に開催します.

2016.07.29

第25回XMP規格部会を2016年8月19日に開催します.

XcalableMP仕様書について

XMP仕様書は,PCクラスタコンソーシアム 並列プログラミング言語XcalableMP規格部会が作成しています.本規格部会では,下記の点を重視した活動を行っています.

  • 過去のコミュニティの経験と意向を取り入れた仕様検討
  • 開発後の普及体制まで考慮(実用化を重視)
  • 標準化を目指すためworld-wide communityに提案

本規格部会は誰でも参加可能です.興味のある方は,規格部会長 佐藤 三久(msato at riken.jp)までご連絡下さい.